福井県福井市 アロマテラピー禮彩 アロマスクール&サロン(社)日本アロマ環境協会アロマテラピーアドバイザー・およびインストラクター認定校
School School
 ◆ アプリケコース
  ≪AEAJアロマテラピーインストラクター資格対応コース≫


◆アロマテラピーインストラクター資格って? 

アロマテラピーに必要な知識や方法を専門家として指導できる能力を認定する資格です。アロマテラピー専門スクールや地域活動、ボランティアとしてなど、アロマテラピーの教育活動をする方に適しています。
                      <公益社団法人日本アロマ環境協会より>

アプリケコース 定員8名 全22回55時間(1回2.5時間)

【金曜 夜の部】19:00〜21:30
  学科@  2/23   3/2, 9, 16, 23, 30   4/6, 13, 20, 27
       5/11, 18, 25   6/1, 8, 15, 22, 29         
  学科A  7/6, 13, 20, 27


《受講料》
学科@ 150,000円 (税込、テキスト代別)
(必須履修科目のみ受講の方は 115,000円 (税込、テキスト代別) となります)

学科A 35,000円 (税込、テキスト代別)
(必須履修科目のみ受講の方は 20,000円 (税込、テキスト代別) となります)

※学科@,A修了者には「アロマテラピーインストラクター必須履修科目履修証明書」発行


○2018年9月にアロマテラピーインストラクター試験があります。アロマテラピーインストラクター試験はアロマテラピーアドバイザー有資格者対象になりますので、まだお持ちで無い方は2018年5月のアロマテラピー検定1級合格が必須になります。
○日程は変更になる場合があります。予めご了承ください。
○開講日2週間前までにお申し込みください。


 学科@ 
第1回  精油学総論 
 精油学各論 
 アロマテラピー利用法
 精油の定義、植物にとっての芳香物質、精油の特性   ラベンダー メリッサ レモングラス
 
第2回  精油学総論 
 精油学各論 
 アロマテラピー利用法
 精油の品質管理、精油の作用、精油の基本情報
 オレンジスイート グレープフルーツ ベルガモット レモン
 
第3回  精油学総論 
 精油学各論 
 アロマテラピー利用法
 精油の製造法
 クラリセージ スイートマージョラム ペパーミント ローズマリー
 
第4回  精油学総論 
 精油学各論 
 アロマテラピー利用法
 精油の化学
 サイプレス ジュニパーベリー ティートリー ユーカリ
 
第5回  精油学総論 
 精油学各論 
 アロマテラピー利用法
 精油の成分変化
 フランキンセンス ベンゾイン ミルラ ブラックペッパー
 
第6回  精油学総論 
 精油学各論 
 アロマテラピー利用法
 精油の用語
 イランイラン サンダルウッド・インド/オーストラリア パチュリ ベチバー
 
 第7回  精油学総論 
 精油学各論 
 アロマテラピー利用法
 精油の安全性
 カモミール・ジャーマン カモミール・ローマン ゼラニウム
 
第8回  精油学総論 
 精油学各論 
 アロマテラピー利用法
 精油の伝達経路
 ジャスミン、ネロリ ローズアブソリュート ローズオットー
 
 第9回  基材論  植物性油性基材12種類とその他の基材
第10回  解剖生理学     身体の発生
第11回  神経系
第12回  内分泌系 免疫系
第13回  嗅覚 皮膚
第14回  健康学  栄養 休養 運動 
第15回  生活習慣病 女性の健康
第16回  ストレスと
  メンタルヘルス
 ストレスとメンタルヘルス
第17回  ホスピタリティと
  コミュニケーション
 アロマテラピーにおけるホスピタリティの考え方と
 コミュニケーション
第18回  総復習  
学科A
 第1回  アロマテラピーと歴史
 ボランティア論
 芳香植物の利用の歴史、香料の歴史、芳香植物と医療
 ボランティアの定義や実践 ボランティア活動
 第2回  タッチング論
 修了試験
 アロマテラピーにおけるタッチングの目的、方法
 第3回  アロマテラピー教育  アロマテラピーの教育概論、教育実習
 アロマテラピーインストラクターの心得 
 第4回

   ←枠 必須履修科目








アロマルーム禮彩
〒910-0004
福井県福井市宝永4-4-5
■TEL 090-4683-2810
■営業時間 9:00〜18:00

■定休日 火・日曜・祝日
■完全予約制
 
Copyright(c) 2006 アロマルーム禮彩 All Right Reserved.